ポーのひとりごと

双極Ⅱ型で生きるのだ!

双極Ⅱ型ブログ

昨日を許せるように 明日を愛せるように

物凄く緊張してたので、あまりにホッとして

またしてもDr.くまの前で泣いてしまった。

 

今日の診療の時だ。

一通りの状況報告とそれに対する説明が終わって

私が恐る恐る切り出した

障害者手帳と障害者年金の話。

 

「やりましょうやりましょう」

Dr.くまはあっさりと言った。

私が、

バイトに行けないとか言って

年金とかもらおうと思うなんて

ずるいというか、

楽をしたがっていると思われるかもしれない。

と思い、言いづらかった事を話すと

「そんな事はない、正当な権利だ」と言ってくれた。

 

それどころか

障害者手帳申請に必要な診断書を

次のカウンセリングの日までに用意しておけるとの事だった。

つまり、28日来週の水曜日だ。

私はそんなに早く動いてもらえると思っていなかった。

 

だけど帰りの車の中で、

夫にそう話した時の会話に相違があって

私はまたしても軽くパニクった。

今まで何回も話していたのに

夫はどうやらちゃんと聞いていなかったらしく、

『診断書』というキーワードで初めて

ん?と現実的な話として受け止めたみたいだった。

 

考えてみると

車で15分の病院に行くだけなのに

1日会社を休んでくれて

送り迎えをしてくれる優しい夫なのだけど

私は冷静に対応できなくて申し訳ない。

 

最終的にはお互い納得して

じゃあ申請に向けて動き出そう、という事になった。

 

私が夫の発言に、いちいち反応してしまうのは

Dr.くまに話す時に感じていた恐れと

全く同じ事を夫に対しても思っていたから。

「こいつズルしようとしてる」って

思われるんじゃないかって。

夫はもちろんそんな事は思っておらず

今の私の状態は

そういった類のものを申請できると医者が考えるくらいに

よろしくないのだろうと捉えていてくれる。

だけど、悪い妄想ばかりはびこる私のアタマは

どうしても余計な尾ひれをつけて

夫の言葉の裏を読もうとする。

 

それは何故かというと

私自信が、私に対して

「それはズルなんじゃねーの?」と

どこかで感じているからだろうと思う。

 

そうゆう葛藤はもうずっと前からあって

例えばこれは

今年の3月の記事だけど

やっぱり、自分の怠惰な面に対して

病気というお墨付きに対しての

後ろめたさのようなものを感じている。

辛いと感じる事や、それを訴える事が

「病気じゃない人」に対して

なんだか申し訳ない気がする。

どうしても甘えてる気がしてしまう。

だけど自分ではどうしようもなくて

自問自答している。

 

私は本当に

ずーーーっと同じ所を回っているだけだ。

ハムスターのように

まぁるい輪の中で

グルグルと走ってるだけだ。

全く情けないとしか言いようがない。

 

 

 

 

タイトル

Cocco : 星の生まれる日

昨日を許せるように
明日を愛せるように

 

 

昨日の自分を許す事は

明日の自分を愛せるという事なんだろうか?

 

明日の、自分を愛すると言う事は

昨日の自分を許すという事なのかしら?

 

まだ私には

どちらもできそうにないけど。