ポーのひとりごと

双極Ⅱ型で生きるのだ!

双極Ⅱ型ブログ

黒い服は死者に祈る時にだけ着るの

 

タコレ!

タコレ!

これぞメンヘルブログの決定版!みたいな感じw

絶賛、躁転中の状態で

重ーーーい話を

軽ーーーく書いてみました(*´꒳`*)

テケテンテンテン…

 

 

希死念慮、というものについて考える機会は

たぶん、多いのだろうと思う。

自分が今そうじゃなくても

やっぱり、そこそこ、考えてしまう。

 

希死念慮、死にたいと思う気持ち。

きし‐ねんりょ【希死念慮

死にたいと願うこと。
[補説]自殺願望と同義ともされるが、疾病や人間関係などの解決しがたい問題から逃れるために死を選択しようとする状態を「自殺願望」、具体的な理由はないが漠然と死を願う状態を「希死念慮」と使い分けることがある。

これ、コトバンクから拾ってきたんだけど。

これを読む限り、私が主に心に浮かべるのは「自殺願望」ということになる。

死にたい、というより消えたい。

死にたいくらい辛い、死んだら楽になる、死んだほうがマシ。

という気持ちにはなった事がある。

しかし、死んではいけない、死を選んではいけない理由を知っている。

家族や友人など、残されるであろう人達の気持ちを考えるとか

死ぬ事で生じる様々な迷惑とか、当たり前の常識をちゃんと頭でわかっているから

だから死なない。

実際には実行しない。

死ねない事がわかっているから死にたいと思う。

 

私はあの時

死んではいけない理由がなかったから死にたいとは言わずに死ぬ事にしたんだけど

正しくは、いけない理由を思い浮かべる事ができなかったから、だと思う。

私がこの世からいなくなっても

悲しむ人も困る人もいないと思ったし、

世界は何も変わりなく回るとそう思ってた。

まさしく病気に脳が支配されてたって事だとも言えるし

きっと誰もが陥る深い穴にすっぽり落ちてたからとも言える。

それは違う、間違ってる。

私なんかでも死んだら困る人もいるかも?と気がついた今でも

やっぱり激ウツの時なんかは、うっすら思う。

あぁ~こんな息するもの面倒臭いなら止まっちゃえばいいのに。

そしたら楽なのになぁ…って思う。

実際には楽ではなくて、結構大変だったんだけど

そんな事は都合よく忘れて、「今」から逃げる為に

もう終わりにしたいと祈ってしまう。

死ねたらいいのになぁって夢のように思う。

眠って二度と目覚めない事を願う。

 

因みに、頭が比較的まともに働いているときでも

死にたくないのに死んでしまう人もいるのに!とか

人はただ生きる事に意味があり自ら死を選んではいけない!とか

そーいった部類の事柄は全く考えない。

全然興味ない。

そんな綺麗事というか、例え真実だとしても、私には関係ない。

 

いずれにしても「コトバンク」さんの引用を鵜呑みにするならば

私が思い描くのは「自殺願望」の方だろうと思う。

理由もなく漠然と死を願うなんて事は多分一度もない。

理由はいつだって明確にある。

願う理由も、それを阻止する理由も。

 

であれば

希死念慮」とは本当に恐ろしいね。

だって理由がないんだよ?

ホントかな?

ただ漠然と死を願うって、どうゆう事なんだろ?

 

twitterやいろんな人のブログなんかで

よく目にしてしまう「死にたい」は

どっちなんだろう?

全部面倒臭い、全部終わりにしたい、ってゆうのは多分

何かしらの理由があるよね。

本物の(?)希死念慮の人にはなんと声をかけたらいいんだろう。

私にはかける声はない。

ただその思いが、もわんと消える事を祈るしかない。

それ以外の何かを胸に思い起こしてくれることを願うしかない。

 

希死念慮」という単語が

精神疾患の話の時に使われる意味がわかったような気がする。

だって「健常者」、常に健やかな人は

全く理由なく死にたいなんて思わないでしょ。

正常な生き物の本能からは生まれない思考でしょ。

やっぱ何かしらの疾患、病気がそう思わせるんじゃなきゃ

理解できないよ。

脳だよね。やっぱ脳がやれちゃってるって事なのかな?

怖いっす((((;´・ω・`)))

 

こういった病気じゃない、普通の(?)人がよく

希死念慮なんて誰にでもある」なんて言うけど

とんでもないね。

誰にでもあったら大変でしょ。

明らかに、病気がもたらす思考だとしか思えないよ。

 

今日私は知りました。

自分にはありがたいことに希死念慮はない。

今のところ。

 

でもホントかな?

ホントに何も理由がないのかな?←しつこい‪Σ(-∀-;)

 

 

 

 

タイトル

宇多田ヒカル : COLORS 

黒い服は死者に祈る時にだけ着るの

 

 

それでもどうしても今でも思ってしまう事がある。

「人は、人の死を乗り越えられる」

私はそう考えてるので

それは自分の経験から得た思いなので

確固たる確信があって、ヤバイ時はある。

だって抑止力がないって事だもの。

もしも「人」に対しての思いが、死を思いとどまらせるとしたら

私は今後、うっかりと

大丈夫、みんな時間が経てば上手に忘れるからw

なーんて安心して、行動に移してしまう…

なーんて事がないように気を付けようァ,、’`,、 (◍◉౪◉◍)’`’`,、

 

やっぱり私の碇(イカリ)は子供達なのかな。

あの子達は、問答無用で

私がいないと困るもの!

どちらも私が望んで、私の子になってくれたから

最後まで一緒にいる。

星になったあの子達と同じように、最期

を見届ける。

それだけは絶対。

今はまだ、マジで死ねないっす( • ̀ω•́  )ゞ